光化学スモッグ注意報もたらす健康・美容への影響と対策

光化学スモッグ 景色 美容
スポンサーリンク

「光化学スモッグ注意報」って何?

「光化学スモッグ注意報が発令された」と最近ニュースで耳にしますよね。

「光化学スモッグ」は公害の一つです。

窒素酸化物や一酸化炭素などが紫外線を受け化学変化を起こして発生します。

光化学スモッグ

引用:埼玉県 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0504/901-20100218-389.html

上記の図のように、自動車・工場からの排気ガスに含まれる窒素酸化物と、塗料や接着剤などに含まれている揮発性有機化合物が、太陽からの紫外線を受けて化学反応を起こすと「光化学オキシダント」という物質が発生します。

 

この濃度が高くなると、遠くの山やビルが「もや」がかかったように見えにくくなったりします。

光化学スモッグ 景色

この「もや」が光化学スモッグです。

スモッグというのはイギリスの言葉ですが、煙(smoke)+霧(fog)を合わせた造語です。

 

「光化学スモッグ注意報」というのは「光化学オキシダントの濃度が高い状態が続くことをしらせる注意報」のことで、健康被害を受けないように注意する必要があります。

どんな健康被害があるの?

光化学オキシダントは外気に直接触れる目や呼吸器に特に強く影響します。

「目がチカチカ、ショボショボする」

「涙が異常に出る」

「のどが痛む」

「咳が出る」

夏の暑い日、外に出て上記のような症状が出たら光化学オキシダントの影響である可能性が高いです。

重症化すると呼吸困難、手足のしびれ、めまい、頭痛、発熱、嘔吐、意識障害などの症状を引き起こすこともあります。

特に、幼児・子供・病弱な人・特にアレルギー性の結膜炎や喘息などの持病がある人は一層の注意が必要です。

光化学スモッグの影響

症状が出た時の対処法

万が一上記症状が出たときは、屋外での激しい運動は避け、目を洗ったり十分にうがいをしたりして、なるべく窓またはカーテンを閉めた屋内で休みましょう。

症状が回復しないときは、早めに医師の診察を受けましょう。

また、最寄りの市役所や保健所に相談してください。

最寄りの保健所はここから検索できます。

連絡する内容

  1. 被害発生の日時・場所
  2. 被害を受けた人(氏名、学年、性別)
  3. 症状(目・のどの刺激、息苦しいなど)
  4. 処置の状況(洗眼、うがい、安静など)
  5. 届出者の連絡先

光化学オキシダントの影響はマスクなどでは予防できません。

光化学スモッグ注意報が発令されたら、外気に触れないよう屋内で過ごしましょう。

そして、注意報が解除になったときにも発令時と同様に放送等によってお知らせがありますので、屋外での用事はそれまで我慢しましょう。

注意する季節や時間帯

光化学オキシダントの濃度が高くなりやすいのは、

(1)5~9月頃

(2)日差しが強い晴れ又は薄曇りの日

(3)気温が25℃以上の日中

(4)風の弱い日

上記に該当する季節や時間帯は気をつけましょう。

光化学スモッグ注意報の確認の仕方

・各自治体の光化学スモッグ関連のWEBサイトを見る
・メール配信サービスに登録してメールを受け取る
・各自治体に電話で問い合わせる

光化学スモッグは女性に影響が大きい公害です

調査結果によれば、高濃度のオゾンが含まれた空気中で3時間を過ごしたネズミは、フィルターをかけたクリーンな空気中で過ごしていたネズミよりも、肺炎に感染して2週間以内の死亡率が高まった。また、興味深いデータとして、オゾンにさらされた雌のネズミは、雄のネズミよりも著しく生存率が低下したという。

今回の研究調査に臨んだペンシルバニア州立大学医学部(Penn State College of Medicine)のJoanna Floros博士は「ネズミの生体実験を通して明らかになった調査結果を、もしも人間に当てはめて考えるならば、呼吸器疾患を抱える女性は、特にオゾンを高濃度に含む大気汚染にさらされると、深刻な健康上の危険を招く可能性が高まることになる」とコメントした。

引用:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20070629-a026/

 

光化学スモッグは女性の健康と美容に大きく影響します。

この夏注意して過ごしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました